しろう農園

宮古島そだちのアロエベラ

花 植物 画像 花 植物 画像 花 植物 画像

アロエベラの効果・効能

アロエベラには特有の成分を含め、200種類に及ぶ有効成分が含まれています。

その効果・効能については、太古から言われ、現在ではスーパーフードとしても見直され、様々な研究が今でも進んでおります。

このページではそれらをまとめていきますが、現状ではその効果・効能について保証するものでありません。

しろう農園では、これから学術的な研究を進め、アロエベラの効果・効能について、その中でも特にしろう農園のアロエベラの特徴について、随時ご紹介してまいります。

 

 

【目次】
1.アロエベラの有効成分

2.胃腸への作用
 2-1.便秘解消
 2-2.胃を健康に

3.皮膚への作用
 3-1.しみ・そばかす
 3-2. 「潤いを保つ」、「ひきしめる」、「コラーゲンを合成する」
 3-3.肌荒れや肌の乾燥が気になる方に
 3-4.シワ予防
 3-5.やけどに効くと言われる理由
 3-6.日焼け後のケア
 3-7.アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の研究も進んでいます

4.頭皮・頭髪への作用
 4-1.白髪
 4-2.発毛・育毛

5.免疫力向上
 5-1.免疫機能改善への期待
 5-2.花粉症への作用

6.生活習慣病への作用

7.ストレス解消・自律神経・精神的な作用

8.ダイエット効果

9.妊娠中の摂取は控えましょう

 

 


1.アロエベラの有効成分

 

大昔から医者いらずと言われ、アロエベラは民間療法で使われてきました。

 

アロエベラには多くの有用成分が存在すると考えられています。

 

ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酵素類など、私たちの体にとって必要な栄養素や栄養成分として、アロイン、アロエエモジン、アロエマンナン、アロエウルシンといったアロエ特有の成分に至るまで、実に200種類に及ぶ成分が含まれています。

 

アロエベラにはさまざまな効果・効能があると言われていますが、
アロエベラに含まれるその200種類もの成分が細胞レベルから元気にすることで、組織、器官、臓器などが元気になっていくというメカニズムで作用します。

アロエベラに、これほど多くの成分が含まれているのは、日差しが強く、乾燥した厳しい生育環境から自らの身を守るためだと考えられています。
(そのため、宮古島はアロエベラ栽培に適していると言えます)

例えば、植物でも紫外線を受けると、組織の中に活性酸素が発生します。

 

アロエベラはその活性酸素から身を守るための抗酸化物質を多く含んでいます。

 

アロエベラが持つ炎症を抑えたり、熱を冷やしたりする作用も、強い日差しと熱から身を守るためだと考えられています。

 

アロエベラが自らの身を守るために編み出した自衛手段から、私たちの健康に役立つ数多くの作用が生まれています。

 

胃腸の調子を整える、火傷を早く治す、肌の乾燥を防ぎ、潤いを与える、免疫力を整える、など多くの効果が知られています。

 

近年では、科学的な研究によってアロエベラに含まれている数多くの成分が明らかになり、それらの持つ様々な作用についても研究が進められております。

 

例えば、バルバロインによる下剤活性や抗ヒスタミン作用、抗炎症作用、アロエシンによるチロシナーゼ阻害作用(美白作用)や抗菌作用、アセマンナンによる創傷治癒作用、抗潰瘍作用といった知見が次々に報告されています。

 

そのほかにも、アロエベラには、皮膚疾患や消化器系疾患、循環器系疾患、口腔・歯科領域疾患など、多岐にわたる領域で臨床に応用されています。

 

さらには、メタボリックシンドロームとの関連が指摘されている糖尿病に対する効果や体脂肪低減作用なども確認されており、幅広い分野において、その有用性に期待が寄せられています。

 

①アロイン・アロエエモジンについて

アロエというと、苦いというイメージを持つ方もいらっしゃるではないでしょうか?

この苦い成分はアロインというもので、便秘改善や胃への健康を保つ効果があります。

アロインが体内に入るとアロエエモジンへ変化します。

アロエエモジンも胃を健康にする効果があります。

 

実際にアロエベラの生葉をご購入いただく、お客様からは、青臭いとうよりも、
意外とさわやかなさわやかな匂いで、アロエベラそのものに味はほとんどなく、
食感が果肉の弾力があり、みずみずしくているので、ヨーグルトをはじめとして、
色々な食べ物との相性も良いと言われています。

 

しろう農園のアロエベラ生葉はヤフーショッピングで購入できます。

 

②ムコ多糖類について

アロエベラの葉の中にはムコ多糖類が含まれています。

これは火傷や日焼けなどで傷ついた皮膚の炎症を抑えるとともに、免疫の効果もあります。

そのため、皮膚の組織を修復していくことができます。

ムコ多糖類は、ネバネバしている、山芋やオクラにも同様にあります。

保水性に優れており、アロエベラを肌に塗るとしっとりして、潤いを与えていきます。

 

 

 

2.胃腸への作用

 

2-1.アロエベラで便秘解消

アロエに含まれている「アロイン」「アロエエモジン」などは、大腸を刺激して活発に働かせる作用があります。

そのため、便秘解消に効果があると言われています。
ただ、1日に大量に摂取しすぎると刺激が強すぎてしまうかもしれませんので、量は調節しましょう。

 

 

 

2-2.胃を健康に

 

暑い季節には胃腸もお疲れ気味になってしまうもの。

アロエベラには、アロインとアロエエモジン、アロエウルシンなどの成分が含まれています。
これらは、胃液の分泌を促して、消化を活発にしてくれる効果が期待でき、胃もたれや消化不良を防ぐ効果があるといわれています。

また、胃潰瘍の痛みを和らげ、潰瘍になった胃壁の止血にに役立つとも言われています。
夏バテなど、ちょとと胃がお疲れ気味かなと思ったときにアロエベラをお試しください。

 

アロエベラを摂取しやすい、しろう農園のアロエベラジュースはヤフーショッピングで購入できます。

 

 

3.皮膚への作用

 

3-1.シミ・そばかす

 

シミやそばかすは、日光を浴びてすぐ目立つものではありません。

 

日焼けを一度に多く浴びてしまえば、紫外線も大量に受け、やけどのようになります。
(アロエベラはやけどへの効果もあります)

 

シミやそばかすは、少量の紫外線でも長年にわたって蓄積し続けた慢性的な皮膚の老化になります。

周囲の皮膚よりメラニンが多く、メラニンの量や深さによって黒ずんだり茶色みが出たりと色や大きさにも違いがあります。

そばかすは遺伝的な要素が大きく、子供の頃から現れ、紫外線を浴びることで、増えたり濃くなっていきます。

 

シミやそばかすの元であるメラニンは、紫外線が皮膚の真皮の部分まで届かないようにするために生成さられるものです。

角質とともに排出されていくべきものですが、紫外線を浴び続けることによって、表皮の角化細胞に悪影響を与え、メラニンを多くに生成しすぎ、

排出しきれなくなったメラニンが残ってしまいます。

 

シミやそばかすができたり、濃くなったりする過程においてアロエの成分が作用して皮膚の老化を防ぎ、シミやそばかすを薄くしてくれることが、細胞レベルで解明されつつあります。

 

アロエの成分の一つであるアロエジンは、皮膚のメラノサイトにおいて、チロシナーゼの働きを抑えることがわかっています。
そのため、メラニンの生成が少なくなるというわけです。

 

表皮細胞を使った実験では、アロエベラの葉肉の汁がターンオーバーを促すことが解明されています。

海外の報告では、アロエベラエキスが、紫外線A波(UVA)による角化細胞への悪影響を防ぐメカニズムも明らかになっています。

 

以前は、アロエが化粧品に配合されるのは、アロエの葉のゼリー状の部分に多く含まれるムコ多糖類による保湿が主な用途でしが、
最近では多くの成分が相乗的に美肌効果を発揮することがわかってきました。

 

いつも潤いのある肌を保つだけではなく、皮膚の細胞にも良い影響を与えて、防護機能の高い強固な皮膚構造を作ることも解明されてきています。

アロエに含まれる植物ステロールには、コラーゲンやヒアルロン酸を増やす効果があることも発見されています。

 

アロエの美肌に対するさまざまな効果は、古来からの云われだけでなく、科学的に証明されてきており、さらに解明への期待がかっています。

 

 

 

3-2.「潤いを保つ」、「ひきしめる」、「コラーゲンを合成する」

 

気になるお肌のシミやくすみは、紫外線を浴びると、色素細胞中に黒色系のメラニン色素を生成してしまいます。

アロエベラに含まれる、アロエシンをはじめとした成分が、メラニン色素を作るチロシナーゼの働きを抑えます。

チロシナーゼの働きを鈍らせれば、メラニン色素ができづらいため、シミやくすみもできづらくなります。

 

 

3-3.肌荒れや肌の乾燥が気になる方に

 

アロエのお風呂は、アロエベラのジェル部分に含まれるムコ多糖類の保湿効果であったり、アロエシンが炎症を鎮めることで、肌荒れやお肌の乾燥、また湿疹などが気になる方に潤いを与えしっとりとした感触をもたらしてくれるかと思います。

アロエベラの生葉を浮かべてアロエベラ風呂はいかがでしょう?

しろう農園のアロエベラ生葉はヤフーショッピングで購入できます。

 

 

3-4.シワ予防

紫外線が強くなる季節。
日焼けすることで、シワができやすくなってもしまいます。

アロエベラには紫外線で形成されるシワを予防するとも考えられます。

 

 

3-5.やけどに効くと言われる理由

 

アロエはやけどに効くとよく言われますが、軽度のやけどでは、皮膚に赤い斑点ができたり、むくみなどが出る場合もあります。

アロエベラの葉の中のジェルを塗ると患部の発熱をとり、サルチル酸が炎症を抑えます。

また、ビタミンCや多糖体などが皮膚の細胞を活性化し、コラーゲンの合成を高め、免疫を調整する成分が皮膚を修復・再生させます。
さまざまな成分が相乗的に威力を発揮し、皮膚の炎症、やけどを治していきます。

 

 

 

 

3-6.日焼け後のケア

 

アロエベラは日焼けにも効力があります。

紫外線が強い場所、特に夏には海岸でマリンアクティビティを楽しんだりして、つい夢中になっていると肌が真っ赤になって、お風呂に入るとしみる、夜になっても皮膚の熱やヒリヒリした痛みが取れない、という経験は、多くの方が経験していると思います。

 

日焼けは紫外線によるやけどです。日焼けへのアロエベラの働きは、軽度のやけどと同様にその効力を発揮してくれます。

 

特に宮古島の日差しは白い砂浜では目を開けられないほど強力ですから、ちょっと油断すると真っ赤になってしまいます。

 

 

3-7.アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の研究も進んでいます

 

アロエベラに含まれるサポニンはアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の研究も進んでいます。

 

アロエベラには、ビタミンCやアロエシンといった成分が含まれており、美肌にはもちろんですが、抗菌作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用などにも有効とされるサポニンという成分も含まれており、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にもその効果が期待され研究されています。

 

 

しろう農園のアロエベラ生葉やジュースはヤフーショッピングで購入できます。

 

 

 

4.頭皮・頭髪への作用(発毛・育毛・抜け毛・白髪・ふけ予防)

 

アロエベラに含まれている有効成分の一つ、タンニン酸は、毛母細胞を活性化させ男性ホルモンの働きを阻害することで、薄毛を抑えるのに役立つと言われています。また、アロインにも男性ホルモンの生成を抑制する働きがあります。

 

しろう農園ではアロエベラをサラサラにした液汁を開発・精製しています。
これはそのまま飲むこともできる安全・安心な商品です。

 

これを水で割ることで、化粧水やヘアトニックとしてご使用いただき、例えば、頭皮のマッサージに使用することで、新陳代謝を促進して血行の改善し、健康な状態をキープするため、抜け毛や白髪、ふけの予防につながると言われています。

 

アロエの効果が期待されているのは、発毛・育毛の他、白髪予防へも期待されています。

 

4-1.白髪

 

白髪は頭皮のメラニン色素が減少することで起こるといわれています。

アロエに含まれるアミノ酸類は、頭皮の新陳代謝を活性化し、メラニン色素の合成を活発にするため、白髪の進行を遅らせる効果も期待されています。

 

但し、アロエベラを使用してかゆみや乾燥など症状が見られたら、使用をやめて皮膚科を受診しましょう。

白髪や発毛・育毛などの髪に関しては未解明なものも多いです。

髪のトラブルの原因にはいろいろありますので、迅速に専門医に相談する事も大切です。

 

 

 

4-2.発毛・育毛

 

抜け毛の原因の一つとして、頭皮の炎症があります。

アロエに含まれる「アロイン」には炎症を抑える作用があるため、
医学的な根拠はまだはっきりしていませんが、頭皮の炎症から起きる抜け毛についてアロエが効果を発揮してくれるといわれています。

 

アロエの育毛剤は焼酎を漬け込むことで、ご自身で作ることもできます。

アロエの葉を2週間ほど陰干しし、2週間ほど焼酎に漬け込みます。

 

アロエを焼酎から取り出し、スプレーボトルなどにエキスを入れれば完成です。

頭皮の血管を拡張し、溶け込みやすくしますが、アルコール成分も付着しますので、
頭皮が炎症したり、紫外線などから頭皮を守る脂分や角質を取りすぎてしまうかもしれませんので、注意してください。

但し、アロエベラを使用してかゆみや乾燥など症状が見られたら、使用をやめて皮膚科を受診しましょう。

髪のトラブルの原因にはいろいろありますので、専門医に相談する事も大切です。

 

しろう農園のアロエベラ生葉やジュースはヤフーショッピングで購入できます。

 

 

 

5.免疫力向上

 

5-1.免疫機能改善への期待

 

体内にはウィルスや雑菌などから守るための免疫機能があります。

免疫力が低下すると、体は無防備な状態になり、感染症などの病気にかかりやすくなってしまいます。

免疫機能は非常に複雑なため、低下するとアトピー性皮膚炎、気管支喘息などの病気を引き起こすことにもなりかねません。

アロエベラには自然免疫を活性化させる働きがあると言われており、研究が進んでいます。

 

 

5-2.花粉症への作用

 

花粉症はスギ、ヒノキなどがアレルゲンとなって、どんどん体内に蓄積し、その人それぞれの限度を超えるとヒスタミンなどの化学物質を放出し、鼻、目などの粘膜の近く神経から外敵と判断し、付着してしまった花粉を外に出そうとくしゃみや、目を流し、鼻や目を水で洗い流そうとし、目、鼻が炎症をおこし花粉症の症状が出てきます。

 

アレルギーがおころるのは免疫システムと同様で、環境や生活習慣を改善することで発症を抑制することが期待できます。

 

アロエベラは日焼けなどの炎症に効果があることはよく知られていますが、皮膚の炎症以外にも体内の炎症にも効果的です。

 

例えば、アロエは水に塩とまぜると溶けるので、薄めてうがい薬として喉の痛みを軽減させます。

 

花粉症の季節に肌荒れしていると感じるのは肌にもアレルギー反応で外敵から守ろうとして機能が低下するからとも考えられています。

自律神経が乱れることで、花粉を外敵と過剰に反応し、鼻水、目のかゆみ、涙、くしゃみなどを出して体内に入れないようにします。

自律神経のバランスは腸内環境を整えることが有効ですので、アロエヨーグルトにして食べると効果も期待できます。

 

しろう農園のアロエベラ生葉やジュースはヤフーショッピングで購入できます。

 

 

 

6.生活習慣病

 

医療や健康器具などは発達しているとはいえ、生活習慣病を持つ人は年々増加傾向にあると言われています。

アロエベラには確かに多くの成分が含まれていますが、日常の食事だけで栄養素を全て補うに不十分です。

しかし、アロエベラに含まれる多糖体は、一緒に摂取した栄養を体内に長く保ちつづけ、体内での働きを助長します。

アロエベラの多糖体は大腸内にも作用し、腸内の善玉菌を増殖させ、腸内フローラとのバランスを調整し、腸内環境を改善に導きます。

アロエベラは体に必要な栄養素を摂取しつつ、健康な体を作っていきます。

アロエベラをヨーグルトにまぜたり、ジュースなどで毎日、摂取することで、生活習慣病予防への効果が期待できます。

 

しろう農園のアロエベラ生葉やジュースはヤフーショッピングで購入できます。

 

 

 

7.ストレス解消・自律神経・精神的な作用

 

仕事や学校、家事、Netの発達により、仕事とプライベートの区別がつかず、
家にいても人間関係が気になるなど、日々の生活でもストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。

 

ストレス解消のひとつに、「おいしいものを食べること」もあるかと思います。

ストレスやさえない気持ちを晴らしてくれる効果がアロエベラに期待されています。

アロエベラならではの食感がポジティブな脳波状態を作り出し、スッキリとした気持ちになると、考えられています。

 

ヨーグルトをはじめ、清涼感のあるさわやかな食べ物にピッタリです。

アロエベラは美容効果とあわせて、ストレス解消にも一役かってくれそうです。

 

自律神経のバランスは腸内環境を整えることが有効ですので、アロエヨーグルトにして食べると効果も期待できます。

 

しろう農園のアロエベラ生葉やジュースはヤフーショッピングで購入できます。

 

 

 

8.ダイエット効果

 

メタボリックシンドロームにも効果が期待されているアロエベラですが、
含まれている成分のうち、「アロエマンナン」や「サポニン」は血中の中性脂肪を減らす効果がありダイエットに適しています。

 

また、新陳代謝も活発になりエネルギーをバランスよく燃焼させる作用があるとされています。

さらに、自律神経を落ち着ける作用もありストレスによる過食も防ぐことができます。

無理なくダイエットを継続することに大変有効的な食品の一つです。

 

しろう農園のアロエベラ生葉やジュースはヤフーショッピングで購入できます。

 

9.妊娠中の摂取は控えましょう

 

アロエベラに含まれるアロインという成分は、便秘に良いという成分であり、またアロエエモジン、アロインは、子宮への刺激を与えてしまう恐れがあります。

妊娠中に摂取してしまうと、悪影響がある恐れがあるため、アロエベラの摂取は控えてください。

 

 

Top